--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.2310:47

サプリメントでリコピン補充

また、他の医薬品との併用による悪影響も今のところ明らかにはされていませんから、まあ安心して取入れられるサプリメントではあるでしょう。
なので、個人的にはこういうサプリメントの活用法もありなんじゃないかと思いますね。
特に、この手の多くのサプリメントは、リコピン配合というより、カロテン配合と言った感じです。
それに、もっと容易な手段としては、トマトジュースを飲む方法で、これなら1日200ミリリットル缶かパック1本で十二分、別にサプリなんて無理に飲まなくてもいいんです。
紫外線の強い春から夏にかけては、やや多めに摂取した方がお肌のためだとも言われていますしね。
ただし、より効果的に効能を得たいのであれば、マルチビタミンにリコピンなどのカロテンが配合されているタイプのサプリメントの方がいいでしょう。

リコピンは別段副作用のない物質で、サプリの服用による過剰摂取の心配は殆どないと言われています。
しかし、私たち成人男女が必要とする一日当たりのリコピン摂取量は、約15ミリグラムから20ミリグラムだと言われています。
この数字だけをみると、うわぁ大変!っと思い、これはサプリメントのお世話にならなきゃ~!っと思っちゃうんですけどね。
実際には、それほど大げさな数字ではなく、トマトを毎日2個ずつ食べるだけで、十分なリコピンが補充出来るのです。
ですから、αカロテンやβカロテン、それにルチンなども一緒に配合されています。
ただ、トマトを毎日2個ずつ食べるのは結構大変ですし、トマトジュースは苦手な人も多いので、そういう点で、リコピン配合のサプリは実に有り難い存在ではありますね。

リコピンは、トマトやスイカと言った夏場に美味しくなる野菜や果物に多く含まれている傾向があります。
それに、夏場は冷えたトマトジュースも実に美味しく感じられますから、夏は日々の食生活から摂取し、冬場はサプリで・・・。
また、リコピンが豊富なトマトやスイカは体を冷やしますから、寒い時季には避けたい方も多いでしょう。
まあ健康ブーム&美容ブームの現代社会においては、当たり前の現象と言えるでしょうね。
勿論、別に過剰摂取の心配がないのですから、確実にリコピン効果を得るためには、年中サプリを服用するというのも悪くはないでしょう。
勿論、これらの物質もリコピンと同様に高い抗酸化作用を持っていますからね。

コメントの投稿

非公開コメント

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー   本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。 クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。 通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。 クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。 また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。   クッキーの無効化と有効化 ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
プロフィール

しねしねだん

Author:しねしねだん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR