--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.2410:34

リコピンで血圧対策

もうすでに高血圧気味の人であれば、実際には、毎日平均して50ミリグラム程度のリコピンを摂取する事が必要になって来るとか・・・。
そんなリコピンの血圧に対する効果効能とは一体全体どういうものなのでしょうか。

リコピンが血圧を下げ、且つ安定させる作用がある事は、もう随分昔から明らかにされていました。
私たちの体内は、常に活性酸素を作り出す仕組みになっているのですが、その活性酸素こそが、様々な部位の細胞を劣化させるため、自然と血圧にも悪い影響を及ぼす訳です。
ですから、リコピンの力を借りて活性酸素を除去する事により、沢山のメリットを得られ、血圧も安定させる事が可能なんでしょうね、きっと。
そもそもリコピンが世の注目を集める理由、それはやはり、高い抗酸化作用を持って要るからに他ならないでしょう。リコピンは血圧を下げる医薬品に匹敵する効果を持っているっという話を聞きました。
ただし、多くのところで言われるリコピンの毎日の摂取目安量、成人男女で15ミリグラムから20ミリグラムでしたっけか。
それに、最も容易にリコピンを摂取出来、血圧を下げられると言われるトマトジュースでも、毎日500ミリリットル位飲まなければなりませんから、結構大変です。
う~ん、そうなると、今まで1日2個も食べれば十分だと言われていたトマトを、少なくても5つ以上は食べなくてはいけなくなりますね。
実は実は、本気で血圧と戦うのであれば、それでは十分とは言えないかも知れないそうですよ。

リコピンはこれと言った副作用のない成分で、血圧対策として十二分に摂取する事については、別段大きな問題はないそうです。
また、現在服用中の血圧の薬や他の医薬品との併用も大丈夫だとの事。
となると、後はどうやって1日50ミリグラムのリコピンを摂取するかという事になって来ますね。
まあね、サプリメントを活用すれば、比較的イージーに血圧対策は出来るのかも知れません。
けれど、どうせなら、リコピンを豊富に含む野菜や果物をしっかり食べる事で、より健康的に血圧対策が出来れば理想でしょう。
という事で、一度関連のブログやサイトで、どんな食べ物にリコピンが多く含まれているのかを調べ、新たな血圧対策にトライしてみられてはいかがでしょうか

コメントの投稿

非公開コメント

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー   本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。 クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。 通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。 クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。 また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。   クッキーの無効化と有効化 ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
プロフィール

しねしねだん

Author:しねしねだん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR