--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.2610:47

リコピンの過剰摂取による副作用

でも、勿論当人たちはそんな事お構いなしで、今日も朝からトマトをかじっていました。
実は、うちの両親は2人とも農家の出身で、トマトが大好物、塩をふって食べたら最高のおやつだと言って、毎日のように食べています。
多分、リコピンなんていう物質自体知らないだろうし、過剰摂取なんて考えてもいないんだろうと思いますね。リコピンの過剰摂取による人体への悪影響を懸念する人が時よりいらっしゃるようです。
そんな両親を見て、兄貴のお嫁さんが、リコピンの過剰摂取を指摘するんですよね。
むしろ、リコピンを取る事はいい事なんだから、過剰摂取なんてないんじゃないのって思っている位です。
で、多分大丈夫だろうとは思ったものの、やっぱ何となく気になったので、ちょっとだけ調べてみました。
そうしたら、やっぱりリコピンにはこれと言った人体への副作用がないため、過剰摂取も余り気にする必要性はないという事が分かりました。
ただし、こうした体内への悪影響は、リコピンそのものの過剰摂取による副作用ではないので、そこは勘違いしないようにしないといけませんね。
ただ、トマトもそうなのですが、スイカや柿、それにグレープフルーツと言ったリコピンを多く含む野菜や果物は、体を冷やす野菜や果物でもあります。
なので、過剰摂取によって体調不良を起こす可能性も決して低くはないんですね。
それに、リコピンそのものには過剰摂取による大きな問題はなくても、塩分の取りすぎはよくありません。
つまり、トマトに塩をたっぷりふって食べるのは、余り良くないかも知れないという事です。

リコピンの過剰摂取そのものは問題なくても、摂取方法によっては体を冷やしたり、塩分の取りすぎを招いたりする事もある。
後、リコピンそのものの過剰摂取を考えなくてもいいのであれば、今の季節はトマトシチューなんかも温かくて美味しいでしょうねぇ。

リコピンの過剰摂取、私も義理の姉に言われて、初めて考えたんですね。
何はともあれ、リコピンの過剰摂取による副作用がないらしいというのが分かって一安心、後は関連のブログやサイトでいいサプリや美味しいレシピを探したいところですね

コメントの投稿

非公開コメント

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー   本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。 クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。 通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。 クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。 また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。   クッキーの無効化と有効化 ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
プロフィール

しねしねだん

Author:しねしねだん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR