--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.0810:34

かかとのひび割れを皮膚科で検査

かかとのひび割れで悩んでおられる方は本当に多いのにも関わらず、皮膚科で診てもらおうと思われる方はとても少ないと感じます。
やはり皆さん、単に古い角質層が貯まっているだけだからとか、乾燥しているからなのでという事で、わざわざ皮膚科を受診する必要などないと思われるのでしょう。
そしてついにはかかとのひび割れを引き起こす訳ですが、その症状は皮膚科医でなければ明確に出来ないほど巧みなんですねぇ。
皮膚科へ行って検査をしてもらっても、そう言われるのが一般的でしょうしね。
まあ実際問題、血行不良も大きな要因の一つですから、マッサージで改善する事もしばしばですよね。

かかとのひび割れは病気やけがではないから、皮膚科へ行く必要などないというのが多くの方々の見解だと思われます。
確かに、皮膚病でもないのに皮膚科へ行くというのは、実に面倒で、お金と時間の無駄遣いだと言っても過言ではないでしょう。
けれど、もしそのかかとのひび割れが皮膚病だとしたら、そんな事は言っていられないはず。
ただちに皮膚科で適切な治療を施してもらう事が必要不可欠になって来るのではないでしょうか。
しかも、単なる乾燥によるかかとのひび割れと白癬菌による水虫との区別は、皮膚科できちんと検査してもらわなければ、私たち素人にはまず分からないのです。
多分、健康関連のブログやサイトで白癬菌について調べられるとその怖さと皮膚科を受診する必要性はお分かりいただけるだろうと思います。
マジで、ただのかかとのひび割れだとばかり思い込んでいたら、実際には水虫だったという例は決して少なくはありません。

かかとのひび割れだとばかり思い込んでいたら、実は水虫だったという例は、皮膚科では日常茶飯事。
特に白癬菌はつま先から潜入し、長い年月を掛けてかかとへと侵入して行きます。
確かに、夏は全然大丈夫だけど、冬になるとかかとのひび割れが出来るという場合、真っ先に考えられるのが肌の乾燥と冷え。
それに、逆にかかとのひび割れを放置しておいたために、そこから水虫菌が侵入する事も大いに考えられますので、やっぱ取り敢えず皮膚科へGOでしょうね

コメントの投稿

非公開コメント

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー   本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。 クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。 通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。 クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。 また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。   クッキーの無効化と有効化 ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
プロフィール

しねしねだん

Author:しねしねだん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR