--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12.0910:34

顔そりが変えるメイクアップ術

顔そりは確かに面倒で、無理にしなくてもいいと言っちゃえばそれまでかも知れませんが、メイクののりが違って来ますからね。
それに、大人ニキビの予防にも繋がるし、やっぱスキンケアの一環として、そして、メイクアップの技の一つとして、定期的にやった方がいいだろうと思います。
というのも、顔そりをしないと、産毛によって自然と顔の透明度が削られているため、いくら綺麗にメイクをしても、十分その効果が出ないからです。
これではメイクののりが悪くなるのも当たり前の話というものでしょう。
そうすると、もし顔そりをしなければ、その産毛の芝生の上にメイクする事になる訳で、肝心要の肌に塗っているようで塗れていない状態。
また、顔そり直後の過度のメイクも要注意ですが、これは決してお化粧そのものがNGという訳ではありません。
なので、メイクアップ術の一つとして、是非とも定期的な顔そりを加えていただきたいと願う訳ですよ。

顔そりの時は、当然ですが、メイクは綺麗に落とすのが鉄則ですね。
だって、細くても黒いの産毛、ある程度集団でそこそこの長沢尾キープするようになれば、目立たない訳がないですものねぇ。
なるべく肌に刺激を与えないようなメイクにした方がいいというだけの話です。
それに、顔そり語はすぐにしっかりとスキンケアを施すのが絶対条件ですから、まあ本当は、メイク不要の夜間に行うのがベターでしょう。
ただ、シェービングサロンや理髪店に行く場合は、ノーメイクのまま家路につくというのも抵抗があるかと思われます。
時より、ファンデーションの粒子が毛穴に入って肌を傷めたり、ニキビの原因になるのではないかと心配される方がいらっしゃいますが、それは多分大丈夫。
何故なら、顔そりはあくまでも産毛を剃るのであって抜く訳ではありませんから、毛根に空間が出来、そこにメイクが入り込んでしまうという事はないはずだからです。
ですので、顔そり語すぐにスキンケアプラスファンデーションで軽くメイクする位にされるといいのではないかと思いますね。
その事は、美容関連のブログやサイトに最近特に頻繁に掲載されています。
ですので、顔そり後数日は、そうしたブログやサイトからコツを学び、なるべく刺激の少ないメイクにするよう心がけられるといいでしょう

コメントの投稿

非公開コメント

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー   本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。 クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。 通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。 クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。 また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。   クッキーの無効化と有効化 ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
プロフィール

しねしねだん

Author:しねしねだん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR