--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.0211:34

酵素ドリンクの作り方

酵素ドリンクに含まれる酵素は、新鮮な野菜や果物に多く含まれているもので、体にとても良いものです。
酵素ドリンクを飲むときは 水で薄めて、好みの濃度にすれば、美味しく飲めます。
気になる酵素ドリンクの作り方ですが、キャベツや大根の間引き菜や小松菜、そしてにんじん、かぶなどを使用します。
本格的な酵素ドリンクの作り方ですが、まずは野菜や果物を、ミキサーで水と一緒にドロドロの状態にします。
そして、それをガラスの容器に移して、軽くラップをかけて3日間発酵させるのが、酵素ドリンクの作り方になります。
酵母菌、乳酸菌は糖を餌にして繁殖していき、室温が低いと3日では発酵できず1週間かかる事もあるので、酵素ドリンクの出来は、状態によりけりです。

酵素ドリンクは、冷蔵庫で保存しておけば良く、とても手軽に利用できます。
りんごの酵素ドリンクは、醗酵が進むと、アルコール度も高くなり、お酒になるので、お酒が飲めない人が飲むと身体が一気に温まります。
酵素ドリンクの作り方には色々なものがあり、りんごとメイプルシロップとお水だけでできるものもあります。
そして、りんごを水洗いして皮ごとすり、水とメイプルシロップを煮沸消毒した瓶に入れて数回ふり、室温で1週間醗酵させたら酵素ドリンクが出来あがります。
1日1回はふたを開けて瓶をふるか、もしくは煮沸消毒したスプーンでドリンクをまぜることが、この酵素ドリンクの作り方のポイントになります。
一度、この酵素ドリンクが作れると、次回からは リンゴをすりおろしたリンゴジュースを継ぎ足していくだけで、菌は永遠に生き続けます。
酵素を発酵させた酵素ドリンクを飲むと、不足した酵素を補うことができ、血液をきれいにして、細胞を活性化させてくれます。

酵素ドリンクの作り方は色々ですが、りんごを利用したものは、とても簡単に作ることができます。
酵素ドリンクの作り方は様々で、色んな植物からも作ることができるので、美味しいものを作って、美肌を目指しましょう。
そして、りんごの酵素ドリンクが醗酵をし過ぎてアルコールを通り越すと、酢になるので、サラダのドレッシングなどにも使えます。
瓶のなかで菌が育つと、菌が白い色をして瓶底につくので、酵素ドリンクの瓶の底の白い菌をみれば、育っているかどうかの判断ができます。
しかし、作り方を間違えて失敗してしまうこともよくあるので、色んな手間を考えると市販の酵素ドリンクを購入した方が早い場合もあります

コメントの投稿

非公開コメント

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー   本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。 クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。 通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。 クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。 また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。   クッキーの無効化と有効化 ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
プロフィール

しねしねだん

Author:しねしねだん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR