--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09.1510:36

割れ爪の治療

割れ爪になった部分が「もともと爪が伸びていた部分」である場合は、その部分をカットします。
こうした積み重ねで、割れ爪をきちんと治すことができるのです。

割れ爪で一番重要なのは、それ以上酷くならないこと。
仮に割れ爪になってしまった場合、きちんとした治療をしてあげる必要があります。
なぜなら、割れ爪になってしまうことで指先にバイ菌が入り、化膿するなどのダメージを受けることがあるからです。
最初は「爪が割れているな」と言うだけだったのに、気づいたら割れ爪の隙間からバイ菌が入り、病院に通わなくてはいけなくなったというケースも多いです。
どんな怪我でもそうですが、こういうことがあるからこそ、割れ爪はきちんとした治療をする必要があります。
では、具体的にどうしたら割れ爪の治療をすることができるのでしょう。
ここで注意したいのが、割れ爪になって「トップコートを使って補強する」と言う場合、必ず「専用のテープなどを貼ってから塗る」と言うこと。
爪が割れてしまったら、その場できちんと形を整えられる部分を整え、割れ爪の状態が酷くならない様にしましょう。
確かに、割れ爪をトップコートで補強することはできます。
簡単な方法ですが、これは割れ爪治療に効果的です。
気づかないうちに「あ、割れてた」となることもありますが、酷い割れ爪だと大きくヒビが入って爪がはがれてしまう為、深刻なダメージになってしまうことも少なくありません。割れ爪になってしまった時、治療はどうしたら良いのでしょうか。
でも、それは割れ爪に直接塗るという方法ではありませんので、注意が必要なのです。

割れ爪になってしまった場合、治療だけでなくケアをすることも大事。
爪用のオイルを使ってこまめな保湿をしてあげるなど、ちょっとした工夫で割れ爪のケアをすることができます。
もちろん、ケアをしても割れ爪がもとに戻るまでには長い時間がかかりますが、それでも念入りに保湿をしてあげてください。
割れ爪になってしまった時にひつようなのは、まずは確実な治療をすること。
何らかのきっかけで爪が割れたり、ヒビが入ったりする割れ爪

コメントの投稿

非公開コメント

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー   本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。 クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。 通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。 クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。 また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。   クッキーの無効化と有効化 ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
プロフィール

しねしねだん

Author:しねしねだん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR