--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.11.2610:34

代謝酵素とアスピリン

代謝酵素は、アスピリンによる影響も強く、このことは、薬物代謝において、よく問われるところです。

代謝酵素の活躍によって、薬理活性を発揮することもありますが、逆に毒性の高い化合物に変換される場合もあるので、注意が必要です。
この薬物代謝酵素というのは、医薬品の効き目や副作用に関わるもので、そこにアスピリンの存在が関与してきます。
また、複数の薬の間での相互作用によっても、薬物代謝酵素は大きく影響していて、その過程において、アスピリンの存在は1つのカギを握っています。
そして、生体内活性物質の分解に関しても、薬物代謝酵素は、密接な関係があり、これにより、生体に対する作用を軽減できるという特質も持っています。
薬物代謝というのは、薬物、毒物などの生体外物質の代謝反応のことを指していて、代謝酵素はそれのことに強く関連しています。
発がん物質の大半は、代謝された生成物が発がん性に関与しているので、薬物代謝酵素は、そうした危険性も示唆されています。
しかし、アスピリンは、薬物代謝酵素に良い影響を与えるというものではなく、長期間の使用で、胃潰瘍になる危険性もあるので、やはりよくありません。
シップ酵素に関しては、薬物に阻害されたりする恐れがあるので、薬物代謝酵素との相互作用の原因になる場合も多いのです。
そして、薬物代謝酵素がうまく働かない場合、薬剤は解毒化されないことになり、人体に多大な影響を及ぼすことになりかねません。
肝臓にある薬物代謝酵素は、薬剤を解毒化する役割を担っていますが、アスピリンの影響を受けやすい性質があります。
薬物代謝酵素とアスピリンには特別な関係があり、低用量のアスピリンが、血小板の働きを弱めることがよくあります。
そうした働きが、薬物代謝酵素の働きを促進し、心筋梗塞や脳卒中の再発予防に役立つことがあります。
また、シップ酵素に関しては、基質特異性がそれぞれ違うので、シップのことを特に薬物代謝酵素として呼ぶことも珍しくありません。
体内に薬物が残留すると、血中濃度が上がり、副作用が引き起こされることもあり、様々な症状が出てきます。
病気の再発予防でアスピリンを使用する際は、薬物代謝酵素との関連性をよく考慮して、効果のある薬を副作用予防のために処方することが大事です

コメントの投稿

非公開コメント

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー   本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。 クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。 通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。 クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。 また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。 当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。 利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。   クッキーの無効化と有効化 ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。
プロフィール

しねしねだん

Author:しねしねだん
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR